前へ
次へ

医療現場でこれからますます必要な英語力

日本に長期滞在している外国人は、話をよく聞いてくれてやさしい言葉で話してくれることを望んでいます。
医学というのは、世界共通であるものの、医療というのは文化です。
そして、医師や看護師と患者との対話が医療の重要な部分を占めているというのは、大震災の時に得られた教訓です。
言語的、文化的コミュニケーションの成立は、適切なサービス提供の必須条件であり、それは、現場の看護師の英語力の必要性にもつながります。
簡単な日常会話程度の日本語ができる外国人も病院にくると、医療関係者のいうことがわからないという問題点もあります。
日本の保健医療の理念を尊重するのであれば、コミュニケーション支援を必要とする患者には、公平にサービスの提供がされるべきです。
将来的には、専門用語に対応できる通訳士という専門職が介在し、診療報酬に加算される仕組みも考えられますが、現状として、その費用は病院の持ち出しとなっているため、どの病院でも通訳士を置くことができないというわけです。
そのため、現場の医師や看護師の英語力が問われています。

お試し無料!医療ウィッグは東京のアンベリールに決まり
まずはフィット感をお試しくださいませ

デザインの依頼は茨城の会社へ

液体窒素で配管を凍結

簡単に取り付けできるお風呂の浄水器
取付け方が簡単なため、初心者でも簡単に使えます。

Page Top