前へ
次へ

英語力と同時に医療現場では日本語力も必要

日本の医療現場では、たぶん大丈夫、おおまかに問題ないなど、あいまいな表現言葉が存在するのも確かです。
ほかにも、日本語独特の表現やニュアンス言葉というものが多くあります。
これは、同じ文化である日本人には通用するかもしれませんが、こうした言葉を英語にすれば、外国人からすると誤解を招く可能性もあるため、いかに明確でわかりやすい日本語を使えるのかという日本語教育も大事になってきます。
医療現場のグローバル化が進む中、英語力を磨くことももちろん大事ですが、同時にやさしくて正しい日本語を学ぶことで、外国人にもわかりやすい説明を行うことが可能です。
さらに、医師や看護師などの医療職は、介護現場にも出入りする機会が増え、ともに働くスタッフが外国人ということも増えてきています。
現場でのコミュニケーション指導という立場においても、看護師には特に英語をはじめとする語学力が必要とされています。
簡単なフレーズからでもいいので始めていくといいでしょう。

Page Top