前へ
次へ

地域医療の時代に専門看護師に期待されること

地域医療の場でも、専門的なケアを必要とする人は多くなってきています。
そこで、注目されているのが、専門看護師の存在であり、地域の在宅医療の質を向上させる担い手の一人です。
病院で働く専門看護師は多いですが、少子高齢化という状況はもちろん、在宅ケアを必要とする障害者や子供は増えており、時代は地域です。
地域には、専門看護師の支援を必要とするシーンが多数あり、在院日数の短縮により、医療的なケアが必要なまま在宅に戻ることはもちろん、入院中には想定していなかった問題が起きることも少なくありません。
当然、設備や物は病院と自宅では異なりますから、病院の看護計画は役に立たないわけです。
経験豊富な訪問看護師やケアマネジャーであれば、事前に備えることも可能ですが、すべての看護スタッフがそうできるとは限りません、そこを専門看護師が、直接的に在宅看護の場にかかわることで、退院後の問題に事前に備え、早期に解決することができます。

Page Top