前へ
次へ

退院にむけた医療機関での看護師による支援

高齢化に伴う医療機関の病床不足は避けられず、入院できたとしても短期間で退院となるなど、必然的に在宅での療養という選択肢を考えなければならない状況にあります。
その中で、在宅療養者の生活を最も支える家族は、もっとも重要な役割を担っています。
突然の入院によって医療処置が必要になり、その状態のまま退院しなければならないケースも多いです。
病院では、退院できる状態にあるかないか、または、その状態に近くなってから退院する方法を考えるのではなく、入院や治療開始の時から本人や家族が病気や治療を理解し、受け止め、生活の場に帰ることを考え始めるための支援をしていかなければなりません。
本人が家に帰りたい、家族が自宅でも大丈夫そうだと考えられるような十分な環境を整えていく支援を看護師はしていくことが必要です。
退院後の生活のイメージには、限界もありますが、できると考えられるよう家族や本人に自信を持たせる取り組みも大事になります。

Page Top